« 健康レポート(1/7) | トップページ | インフルエンザについて »

2005.01.11

ヨコヅナサシガメ

H17-1-11名古屋市生活衛生センター発行のムーシアムだよりNo.37(H17年1月5日)号にヨコヅナサシガメの話題が掲載されていました。

以前は名古屋ではあまり見かけない昆虫だったのが、最近では市内のあちこちで見かけるようになったようです。名前の通り刺すカメムシで、手で捕まえようとすると口で刺されることがあるそうです。毒性はないので大丈夫なのですが、刺されること自体は痛いので注意が必要です。

園内でも写真のように集団で集まって越冬しています。幼虫(?)は真っ赤で初めて見るとドキっとするほどです。
さて、園内のどこにいるか、探して見ませんか。

答えは、下の括弧内を選択すると出てきます。
下の園庭、鉄棒後ろの桜の木で、1mほどの高さで枝分かれしている部分です

|

« 健康レポート(1/7) | トップページ | インフルエンザについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨコヅナサシガメ:

« 健康レポート(1/7) | トップページ | インフルエンザについて »