« どんぐり拾い | トップページ | 実習生紹介 »

2007.10.12

実習生の先生と

実習生の先生が、子ども達に集団遊びを展開していました。

ゲームの内容は、○、△、□が出たときに集まる場所を予め子ども達に伝え、先生が出す形を見て、決められた場所に集合するというものです。

○の形はリンゴさん、△はおむすびまん、□はショクパンマンが登場します。

「まるだよー」「つぎはさんかくだ!」楽しげに騒ぎながら、上手に移動できます。

最初はひとつずつカードを出していましたが、順調に動けるようになってきたので、同時に二つのカードを出してみました。「半分くらいに分かれるのかな?どうするかな?」と思い、子ども達の様子を見ていました。

すると、園児一人の動きにみんなが後をついていき、どちらか片方へ全員集合となりました。

お友達と競争したくなる年長さんや年中さんとは異なり、楽しげにゆっくりと移動をするなど、年少さんならではの可愛らしい姿がみられました。

実習の先生と

保育に対する子ども達の様子は、実習生にとっても今後のよい勉強になったのではないかと思います。

|

« どんぐり拾い | トップページ | 実習生紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実習生の先生と:

« どんぐり拾い | トップページ | 実習生紹介 »