« 東日本大震災被災地へのベルマーク支援運動事業 | トップページ | 休園のお知らせ »

2011.07.23

お泊り保育

平成23年度のお泊り保育がありました。

近年、気になっていることの一つに「子どもたちがおとなしい」ということがあります。
適切な表現ではないかもしれませんが、子どもたちが大好きな行事の時に、子どもたちからの勢いというか、盛り上がり感が年々落ち着いてきているような印象がありました。

今年のお泊り保育も、私が最初に受けた印象はそんな感じです。

ところが、夕食を食べ終わる頃から、様子が変わりました。

もう、元気!元気!

気分最高潮で盛り上がる子どもたち!
子どもたちの元気に圧倒される場面も多々ありました。

そんな気分の盛り上がった子どもたち。
「おやすみなさい」と言っても、そう簡単に寝られるわけではありません。

消灯しても子どもたちの声が消えないので、一部電気をつけると、それはそれでキャー!
「もう寝るよー」と言って、電気を消せば消したでキャー!

子どもたちの嬉しそうな声が響いていました。

担任が声をかけます。
「寝れない時は数を数えるといいんだよ。何を数えるか分かる?」
「えっと、せんせー、おさら!」

回転寿司のイメージなんでしょうか、お岩さんのイメージなんでしょうか。
いずれにせよ眠くなるものではないと思いますが、子どもたちの楽しげな盛り上がった気持ちを落ち着かせるのに、担任職員は苦労をしていました。

「おしゃべりしている子は、先生、一緒に寝てあげないよ」
「わー、せんせー!一緒に寝てー!!」

大勢の子が先生のもとに集まってしまいました。

「もう、寝てない子は先生が怖い話をしちゃうよ」
「わー、せんせー!こわい話、してー!!!」

大盛り上がり。

お泊り保育では、なかなか子どもは眠れません。
その分、いっぱいの楽しい思い出をつめこんでいます。

お泊り保育
朝5時の様子。もう既に起きようとし始めている子どもたちもいます。

|

« 東日本大震災被災地へのベルマーク支援運動事業 | トップページ | 休園のお知らせ »

コメント

子供たちの楽しそうな様子が伝わってきました
家庭で見る顔とはまた違う、先生やお友達とすごす中で
成長していく子どもの様子を、このような形で
見せていただけてうれしいです
ありがとうございます
これからも、更新楽しみにしています

投稿: mama | 2011.07.26 12:57 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お泊り保育:

« 東日本大震災被災地へのベルマーク支援運動事業 | トップページ | 休園のお知らせ »