« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.19

こいのぼり

こいのぼりが泳ぎ始めました。

毎年園の屋上で泳いでいたのは、園児が作成したデザインのこいのぼりでしたが、年数が経過し、色あせしていました。

こいのぼり

今年は、保護者の方から寄付していただいた、真新しい元気なこいのぼりが園の屋上で元気に泳いでいます。

こいのぼり

大きなこいのぼりを見つけて、子ども達も嬉しそうです。

園長先生も、大きなこいのぼりに負けないよう、一瞬だけですが、ジャングルジムで泳いでみました。

園長先生のこいのぼり

園長先生がこいのぼりをできるのも、そろそろ今年が限界かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.18

朝礼(遊具の遊び方、説明)

年度初めの朝礼では、子ども達と様々な約束をします。

園長先生からのお約束は、3つ。

  • おおきなこえであいさつをしよう。
  • まいあさ、にこにこがおでとうえんしよう。
  • どうろにはとびださない。いちど、とまってくるまがこないことをかくにんしよう。

ご家庭でも、繰り返しお話してください。

今日の朝礼では、園長先生のお約束以外に、大型遊具の遊び方を説明しました。
遊び方の説明

怪我につながる危険な遊び方をしないように、そして、みんなが順序良く、気持ちよく遊べるように。

お約束がいっぱいで、初めて聞く子どもたちは一度に覚わらないかもしれませんが、年長組のおにいちゃん、おねえちゃんの様子を見ながら、楽しく遊んびましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.13

舞散る桜の花びら

桜の花びら

桜の花びらが舞い散る時期です。

道路を掃除しても、あっという間にこんな感じです。

園から帰る子どもたちが、道路に集まった桜の花びらを手のひらにいっぱい集めて、空に向かって、ばっ!

桜もとても綺麗ですし、子どももかわいらしい光景です。あの嬉しそうな笑顔はたまりません。

今年の桜の散り方は、昨年とは異なるように思います。
昨年は、鳥が蜜を狙ってつつくためか、桜の額から落ちている花をよく見ました。

今年の桜は、それ以前の散り方と同じく、花びらがそれぞれ1枚ずつ舞い散ります。

風が吹いた時の、園庭の空間を全て埋め尽くすかのような桜吹雪。今の季節の醍醐味です。
時期限定ですので、タイミングが合った時には、どうぞ満喫してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイミング教室、開始

平成24年度、初めてのスイミング教室です。

準備からプールから、何から何までが初めてのこと。

スイミングバスのお迎え
スイミングのバスに乗るのも、遠足気分だったのかもしれません。

「よろしくおねがいします!」
こどもたちの大きな声に、運転手の方も嬉しそうな笑顔を見せていました。

今まで、夏に幼児園のプールで水遊びをしたことはありますが、25メートルプールに入るのは初めてという年長さんも大勢いることと思います。

最初は、水に顔をつけるのも怖がっている子も、この1年間のスイミング教室を通じて、水と親しみ、プールで泳げる自信につなげてもらえれば、と思います。

スイミングのコーチは、「水に入った時に、自分の命を自分で守れるように」という目標を掲げて子どもたちを指導されます。

テレビ等の報道によると、明日は豪華客船タイタニック号が事故にあってから、ちょうど100年とのこと。

あのような事故の中で生き延びる術を身につけるには、この1年間では難しいかと思いますが、体を鍛えて、小学校でもプールを怖がらずに楽しんで授業を受けられる自信を持ち、様々なことに挑戦する気持ちにつながってくれることを期待しています。

年長さん!がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.12

桜花びらの清掃

桜の花びらが舞い散る時期になりました。

本年度は、早朝時間の清掃にシルバー人材センターの方に清掃の協力をお願いしました。
二人の方が交代で、園内および周辺道路の清掃に協力していただきます。

登園時間に緑の帽子をかぶった方が掃除をしている姿を見かけるかと思います。

その時には、「おはようございます」「ご苦労様です」など、気軽に声をかけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.11

雨天日の送迎について

本年度に入って初めての本格的な雨天日でした。

朝の登園時、帰りの降園時ともに、園の前の道路は、お遊戯会や保育参観当日の様な大混雑となりました。

雨の降る中、幼い子を連れての移動が大変な様子はよく分かります。

しかし、自動車が集中すると、園の駐車場もすぐに満車となり、園前の細い道路は全く通行できない状況となります。

園の前を移動する子どもたちにも危険な状況となります。

大変申し訳ありませんが、以下の点について、ご協力をお願いします。

・ 園への送迎は極力自家用車を避ける。
・ やむをえず自家用車で送迎する場合は、混雑しそうな時間を避ける。
・ やむをえず自家用車で送迎する場合は、自家用車の駐車時間を出来る限り短くする。 (特に降園時)

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開の桜

春先、寒い日々が続いていましたが、日曜日あたりからようやく暖かくなってきました。

例年、卒園式の頃には咲き始めて、「入園式までもつだろうか?」と心配する桜ですが、今年は入園式の翌週になって、満開になりました。

満開の桜

天候、時間(太陽光の向き)や桜の咲き具合などを考慮すると、桜の写真を撮影にするのに、最適な時間は、毎年およそ1~2時間くらいしかありません。
今年は、その貴重な時間になんとか撮影することができました。

下の園庭については、3階からパノラマ写真も撮影してみました。

満開の桜

いかがでしょうか。

桜が大きくなりすぎたため、数年前に大枝を切断し、その後の桜の生育を心配していました。

先日、樹木医の先生に園庭の桜を診ていただいたところ、まだまだ若い桜なので大丈夫と診断していただきました。加えて、園の桜について手入れのポイントなども教えていただきました。

桜が終わると、新緑、そして、毛虫たちの季節。
業者にお願いしながら、手入れをしていきます。

園庭の桜など、何か気がついたことなどありましたらお知らせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給食の干しシイタケについて

幼稚園給食の干しシイタケから基準値を超える放射性セシウムが検出された報道を受け、名古屋市の担当局より、園の給食で使われている乾燥椎茸について確認するよう通知が届きました。

卸業者に問い合わせたところ、園で使われている干椎茸は、九州地方で生産されている椎茸を混合して販売しているとのことで、今回報道されている商品とは異なるとのことでした。

食品については、随時、様々な情報が報道されていますが、卸業者と協力しながら、子どもの食の安全に努めていきますので、どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.04

平成24年度 入園式

平成24年度の入園式を行いました。

平成24年度 入園式

昨日ほどの風ではないにせよ、今年は例年以上に寒く、また、園に来られる時、園から帰る時に一時的に雨が降り出し、あいにくの天気となりました。

平成24年度 入園式
入園式前には、記念写真を撮影する長い列ができていました。

入園式に先立ち、昨日は進級児を対象に、始業式を行いました。その中で、新しい担任の先生を発表し、新入児を迎える準備をしていました。
新しいクラス担任発表では、昨年度の先生とは別のクラスになる子も大勢いる、ということになります。大好きな先生と別れることに、泣き始める1歳児や3歳児。その姿を見て、目に涙を浮かべる先生もいました。子ども達と保育士とのお互いの思いの強さを垣間見る瞬間でもあります。

今日の入園式では、園での思い出をたくさん作っていただきたいというお話を保護者の方にお伝えしました。

園の行事を通じ、お子さんの成長を見守りながら、お子さんと一緒に大切な思い出を重ねていただきたいと思います。

小学校に入学すると、親子で一緒に活動する行事は、非常に少なくなります。「小学校なんてまだまだ先のこと」そんな思いになられるかもしれませんが、過ぎてみるとあっという間です。それまでの、とても大事な時期に、園生活を通じて、たくさんの思い出をお子さんと一緒に積み重ねていただきたいと思います。

また、親子で一緒にたくさんの時間を過ごす中で、お子さんの可愛いところ、成長したところ等を、担任にもお伝えいただき、保護者と担任が一緒になって、お子さんの成長を喜びあえることを期待しています。

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.04.03

暴風警報にご注意ください

新年度の始まりですが、とても風の強い日となりました。

日本気象協会でも、暴風に警戒するよう、注意喚起がされています。
「台風なら超大型の春の嵐」

毎年4月に「台風接近時の対応について」との表題で、暴風警報発令時の対応をお知らせしています。

暴風警報が発令された場合、原則として保育は中止となります。

テレビ等の報道に注意頂き、警報が発令された場合は、園からの連絡を待たず、出来る限り早めのお迎えをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »